忍者ブログ
徒然なるままに蜩。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

京都、下鴨神社の参道である。

齢を重ねた楠や榎が立ちならぶ糺の森を、広々とした参道が抜けてゆく。ちょうと盆休みにあたる頃だから、蝉の声が降りしきっている。

その参道の西にある流鏑馬用の馬場には、異様な気配が立ちこめている。たくさんの人の気配があるわりに賑やかではない。あたりを憚るような囁き声がして、あたかも妖怪の集会のようだ。みたらしの池から流れ来る小川を渡ると、南北に長く延びた馬場には、幾つもの白テントが立ちならんでいる。その隙間を人々が抜けてゆく。森の中とはいえ蒸し暑さはしのぎがたいので、タオルで汗を拭いながら歩く人もいる。彼らはテントからテントへと渡り歩き、不気味に目を輝かして、木箱に詰め込まれた薄汚いものをいつまでも物色して飽きない。

翩翻と翻る紺の幟には、「下鴨納涼古本まつり」と書かれている。


森見登美彦「夜は短し歩けよ乙女」






春に引き続き性懲りもなく、「夜は短し歩けよ乙女」旅である。


旅の日程は8月14日、東の都では別のまつりの真っ最中であるため、春にお付き合い頂いた柚子さんをお誘いするのは遠慮した。


ああ、じゃああさいさんは今年は東のまつりには行かなかったのね、と問われれば前日キッチリ行ったんだけどね。芸能1日目でよかった!!


「下鴨納涼古本まつり」は、↑の引用通り下鴨神社の参道(になるのか?)である糺の森(ただすのもり)で行われる。


交通手段は、京都駅から市バスA乗り場205系統「糺の森」下車。


日々下調べをキッチリ行わず、現場についてから行き方がわからずフラフラするのが常だが、今回はちゃんと下調べしてから行ったのである。







でも迷ったけど。







京都駅から市バスA乗り場まではよかったのだが、乗るバスを間違えた。
恐らく田舎者故の、1乗り場から1行き先という思い込みのせいだと思われる。A乗り場から出るバスは全部205系統的な。


幸い早めに気付いたので、春の旅行で場所に聞き覚えのある四条河原町で下車。しかし、





これからどうすればいいのかしら?





と言うのは、下鴨神社の位置を知らないのである。
わかってるのはバス停「糺の森」付近ということだけで、京都市内のどこら辺にあるものなのか全くわかっていないのである。

道行く人が悪い人で「嵐山の辺り」「いや金閣寺の近く」「何言ってんだ太秦の南だよ」等の嘘を教えられても多分信じた。


結局携帯サイトで行き方検索を行い、バス停四条河原町→(徒歩)→地下鉄烏丸駅→(地下鉄)→地下鉄北大路駅→(バス)→バス停糺の森という工程を経て目的地にたどり着いた。

わからないが、京都在住ナイス☆乙女の飛鳥さんが聞いたら鼻で笑うような無駄工程の気が。
PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[02/02 あさい]
[10/20 あさい]
[12/21 柚子]
[12/19 あさい]
[12/15 柚子]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
あさい
性別:
女性
趣味:
読書、猫いじめ
バーコード
ブログ内検索
P R
Template and graphic by karyou
忍者ブログ [PR]