忍者ブログ
徒然なるままに蜩。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

九州旅行のメンバーは私、母、叔母、従妹の4人。
中部国際空港セントレアから、空の便での九州入りである。


飛行機はセントレアを11時ちょい発。
だが集合は6時。
高速が休日1000円目当てのバカ共(←悪意)で混むとまずいってことで5時間も早い集合である。超寒い。



叔母「朝ごはん食べてないと思っておにぎり作ってきてやったよ」

あさい「それはどうも。…ただ形状が、おにぎりと言うより五平餅ですが」

従妹「てか、なんでスッピン?」

あさい「セントレアで風呂に入る気満々だからです。」



朝早いし眠いし寒いし待ち時間は長そうだしなので、セントレア空港内の銭湯に入ろう!と勝手に決めていた自分。

入湯料は1000円。

スーパー銭湯としてはお高いが、バスタオル+タオル貸出込だし、脱衣所には化粧水+乳液も供えられていたので、空港の敷地内ということを考慮すればまぁまぁだろう。




もっともお風呂自体は大したことな(ry




洗い場とかお風呂は、まぁ、普通。
浴槽の種類が少ないし、空港と言う立地柄か露天風呂がない(上から見えるからね!)ので、お風呂に入るという目的だけで来るのは微妙。


ただ、露天風呂がない代わりにデッキがある。


お風呂場とつながっている、屋外のデッキは、四方と上方が板塀で囲まれている。
横の板塀の上には50cm程度の隙間があり、その間から直接外が見られるようになっている。

目の前は飛行機が停まっている停留所(?)、その奥には滑走路があって、飛び立つ飛行機を見ることが出来るのである。


ちなみに、その左方向には大きく滑走路側に張り出したデッキが見える。こちらは服を着た人用。
普通にお風呂に入ってない方々が、滑走路の近くで離陸・着陸する飛行機を見るためのデッキで、ここ(風呂内デッキ)からも見学をしてる方々が見える。


服を着ている方々が飛行機を見てる2、30m程手前にてマッパの仁王立ちで飛行機を眺める―――…










スッゴイ解放感。










イエ私そっち系の趣味は全くないんですけどにも関わらず何故かスゴイ解放感。

自分が隠れ露出狂とかだと嫌なので入湯する機会がある方は是非入ってデッキで仁王立ちしてみて感想を聞かせて頂きたく。朝はかなり空いてます。


1時間程度のつもりだったのだが、その日がたまたま椎名さん出演のクリスマスイベントのチケット予約日とかで人がいないのをいいことに脱衣所で携帯リダイヤルリダイヤルしてたら予定を30分程オーバーしてしまった。

気付けば母からの着信が3件。



あさい「ヤベー搭乗までまだ時間あるけどこっちも電話してたから着信あったの気付かなかったわー」



バスならまだしも飛行機に乗り遅れたらシャレにならないから心配してるだろうなーと思い、慌てて電話する。



母「あ、あさい?お風呂出た?」

あさい「出たよー。今どこ?」

母「ユニクロ。」






ユニクロ?





行ってみると、ホントにセントレア内にあるユニクロにいた。



あさい「…ここまで来て何やってんの?」

母「あ、ちょっと待ってこのヒートテック買ってくるで(方言)」

あさい「地元で買えばいいじゃん!荷物になるら!?(方言)」

母「地元はすぐ売り切れちゃうだもん(方言)」

あさい「えええー。叔母(仮)も何とか言って」





叔母「私も買ったけど。」

従妹「私靴下買った。今年流行りのノルデック柄ー」







私がアウェーかよ!!







かくなる上は私はセントレアのみならず福岡まで行ってヒートテックインナーを購入し「やっぱり福岡のは違うやぁ(方言)」などと言うしかないでしょうか。
PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[02/02 あさい]
[10/20 あさい]
[12/21 柚子]
[12/19 あさい]
[12/15 柚子]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
あさい
性別:
女性
趣味:
読書、猫いじめ
バーコード
ブログ内検索
P R
Template and graphic by karyou
忍者ブログ [PR]