忍者ブログ
徒然なるままに蜩。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

KP「そういえばさー、あさいちゃんのブログ軍艦島のレポート期待してたのにいきなりKAGEROUの話になってて『えー?』だったよー」


あんまり更新してないブログをマメにチェックして頂いてホント申し訳ないので、真面目に更新します。





--------------------





「軍艦島」は通称で、正式名称は端島(はしま)という。
戦前から戦後にかけて炭鉱として栄えた島である。







当時の軍艦島には、石炭掘りの作業員およびその家族が住んでいた。
軍艦島は元々あまり広い島ではなかったため、慢性的な土地不足だった。
そのため埋め立てに埋め立てを重ね、今の姿は元々より2回りくらい大きくなっている。


軍艦に見えるのは、島の周りを囲む防波堤と鉄筋のビル群、それと島の中央にある丘(山?)の上に作られた貯水槽のためである。




中央の白い灯台の右にあるのが貯水槽。



軍艦島がある長崎の沖合は台風直撃コースなので、島をぐるっと囲む高い防波堤が作られた。
また、比較的波の被害が少ない東側に事務所および港(というか船が接岸するとこ)が、西側に作業員用の団地が作られた。
これは、波が防波堤を超えた場合に団地を壁にするためである。


鉄筋のビルは団地や病院、小中学校などで、当時としては珍しい高さ(7階~10階建くらい)だったという。
背が高い建物が多いのは、前述した通り土地が不足していたからである。

小中学校には島で唯一エレベーターがあったが、これは給食とかの運搬用であり、上への移動は階段のみである。

また、幼稚園は後になって建設されたため、10階建てくらいの病院の屋上にあった。
幼稚園児に毎朝10階登らせるのは酷な話だが、背に腹は代えられなかったのだろう。




中央奥が小中学校。手前のアーチ状のものは石炭を運ぶベルトコンベアの跡。





軍艦島に上陸するには、やまさ海運株式会社にて「軍艦島上陸クルーズ」を申し込む必要がある。他にもあるかもしれないけどそれは知らない。


この上陸クルーズは(多分)毎日応募しているが、これも前に述べた通り軍艦島周辺は台風直撃コースのため、実際には1年に100日程度しか船は出せないらしい。1/3以下。


運よく上陸出来た場合でも、見て回れる部分は全体の1/10程度の場所であり、それも遊歩道(?)のような場所から柵の向こうの景色を見る形になる。


上陸時は、やまさ海運株式会社のガイドさんが建物などの解説をしてくれる。
前に述べた軍艦島情報は全て、ガイドさんによる解説の写しである。


このガイドさんが繰り返し述べることに、「写真を撮って下さい」ということがある。
上陸時は第1~第3のガイドポイントがあるのだが、そこでひとしきり解説を行った後に必ず「お写真を撮られる方は移動前に是非撮影して下さい」と言って、5分程度待ってくれる。



その理由は、次に来た時はもう今の軍艦島ではないから。



軍艦島は、人が住まなくなって急激な勢いで崩壊している。
現在でも、地震があったわけでもないのに、崩れたコンクリートが瓦礫の山となって転がっている。
鉄筋コンクリートのビルは原型を留めているように見えるものの、下階部分が崩壊したため、7階建てに見える建物だが実は10階建てだったということも少なくないらしい。





だから、「今の」軍艦島の姿を留めておいて欲しいという想いを込めて、写真撮影を推奨しているのだという。



他にもガイドさんは、水の確保の話とか、3つのお風呂の話とか、島の住民は雨に濡れない話とかインフラ整備の話とか、面白い話をたくさん披露してくれる。


「行きたいけどまぁ遠いから今度でいいかー」と思ってる方には、損はさせないから是非思い立ったが吉日!の気持ちで上陸クルーズに参加して頂きたい次第である。

あ、出来れば晴れ男(or 晴れ女)の人と一緒に。



※ よかったら写真クリックで大きい画像を!
PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
あら! 
 期待通りに更新されてて、嬉しいわ(ニヤリ)
 そうか、刻々と崩壊しつつあるのねぇ。真面目に行ってみたくなったわ・・・
 でも10階の幼稚園は親もイヤダわ・・・
まつもと URL 2011/01/04(Tue)22:27:48 EDIT
魔術師の焼却炉在りし地へ⑥ 端島 
をを、母親目線の意見ですな!
確かに狭い島の中とは言え、園児が1人で通うわけないもんなー。

機会があったら是非…って、当分ないのか…。
あさい 2011/01/05(Wed)20:24:27 EDIT
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[02/02 あさい]
[10/20 あさい]
[12/21 柚子]
[12/19 あさい]
[12/15 柚子]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
あさい
性別:
女性
趣味:
読書、猫いじめ
バーコード
ブログ内検索
P R
Template and graphic by karyou
忍者ブログ [PR]