忍者ブログ
徒然なるままに蜩。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

伊勢神宮へ参拝に行った帰り、おかげ横丁にて、母と妹が唐揚げを買うと店に立ち寄った。
その店の名物は、トリ皮を味付けしてカラッと揚げた「とりかわ君」だそうだ。

※ 酒のつまみに最適でした。

と、受け取り口の窓に何か貼り紙がしてあった。


「カラス注意」
唐揚げの食べ歩きには注意してください。
頭の後ろの毛が逆立っているカラスが特に凶暴です。



ほう、と思う。しかし。


あさい「でもさ、カラスが唐揚げって、種類は違えど共食いじゃない?」
母「そうだね(笑)」
綾瀬「大体こんな人の多いとこで、どう狙うと」


今年は式年遷宮の年なので、伊勢神宮もおかげ横丁もいつも以上に人でごった返している。
カラスは頭のいい動物だから、人に捕まるリスクの高い場所で食べ物を狙ったりはしないだろう。おおげさなんだよはっはっは。


と、まぁここまでがフラグである。


唐揚げ屋で「とりかわ君」と「唐揚げ(マヨネーズ味)」を買い求め、綾瀬たんはマヨネーズ味を食べ歩きながら道を戻る。

少し離れた場所にあるため、比較的人通りは少ない。
道の左右に土塀が並んでいる。壁は白く、上に瓦の乗った昔風の塀だ。


――と、背後から羽音がした。


なんだ?と思い音のした方を見ると、瓦の上に、カラスが一羽とまっていた。
歩いている時にはいなかったはずなので、先ほどの羽音は地面から瓦の上に飛び上がった時の音だろう。
頭の後ろをチェックするが、毛は逆立っていない。

あさい(つまり、ヤツはテラフォーマーズで言うところのノーマルタイプということだな)

特に警戒をしていたわけではないが、私はヤツを見ていた。
そしてヤツも間違いなく、私が見ていることを知っていた。のに




ばさ




ごく自然にヤツは土塀から舞い上がり、そのまま妹さんの頭部に着地した。


綾瀬「くぁwせdrftgyふじこlp!?


自分の身に何が起きたか理解出来なかっただろう、木綿を裂くような悲鳴をあげる綾瀬たん。

ヤツは頭と肩に爪をかけ、左後方から妹さんが手に持った唐揚げ(マヨネーズ味)をついばもうとクチバシを伸ばす。
しかし、若干目測が甘かったらしく奪取は失敗、ヤツは再び瓦に戻るとそのままどこかへ飛び去っていった。1回目の失敗で警戒されてしまったためリトライは諦めたのだろう。


あさい「………。」


――以前、「動物のお医者さん」で似たような話を読んだ。ジンギスカンの話だ。

公園でジンギスカンをしてた時、チョビのため皿に置いておいた肉をカラスにさらわれてしまう。
その公園のカラスはジンギスカンのプロであり、毎年花見客から肉を掠め取っては腹を満たしていた。

実際に攻撃してくるのは特に勇気のあるカラスのみ(他はそのカラスから貰う)なのだが、ハムテル達は「ちょろい相手」として目をつけられ、大量のカラスから肉を奪われる羽目になる。




…つまり。
……ヤツは。
………我々を。




あさい「………こないだ『山賊ダイアリー』っていう、猟師さんが描いてる漫画読んだんだけど」
綾瀬「?」
あさい「雑食の割にカラスの肉はそんな不味くないらしいよ。」
綾瀬「た、食べないよ!!」


しかし、冒頭でも書いたとおり奴らは頭のいい種族である。
故に、我々には決して反撃などできないこと、むしろ「いいネタになった」と思ってることなど、まるっとお見通しに違いないのである。
PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[02/02 あさい]
[10/20 あさい]
[12/21 柚子]
[12/19 あさい]
[12/15 柚子]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
あさい
性別:
女性
趣味:
読書、猫いじめ
バーコード
ブログ内検索
P R
Template and graphic by karyou
忍者ブログ [PR]